常識とは何か

常識とは一言で言ってしまえば、「みんなが当り前のように認識している事柄」であり、いわば当たり前のことです。 とはいえ実際には常識の形が法律で定義されているものもあれば、一般的な慣習として地域や特定の組織、集団で認識されているもの、テレビや雑誌などモノメディアで報道され一般的に広まっているものなど様々です。 しかしながら人の記憶はあいまいであり、また捉え方も異なるため、個人が認識している「常識」はバラバラであることが多いものです。もちろんその中には誤っているものもあります。 つまり極端な事を言ってしまえば、公文書で規定されていない事柄については、常識など無いともいえるかもしれません。