モラハラ夫対策

モラハラ夫対策 最近何かと話題のモラハラ。モラハラは徐々に進行し、気づかないうちに夫婦の仲をむしばんでいきます。 ここではモラハラとは何か。自分は果たしてモラハラなのか。そしてモラハラ夫の対策を紹介します。

モラハラとは

モラハラとはモラルハラスメントの略称で、一言でいうとモラルによる精神的な暴力のことです。
もともとはフランスの精神科医、マリー=フランス・イルゴイエンヌ(精神科医、心理療法家、医学博士)が提唱した言葉。 マリー博士は目に見える暴力に対して社会的な制裁は厳しくなっているが、精神的な暴力は照明が難しく対応が緩くなりがちである。しかしながら物理的な暴力よりも本人を追い詰めてしまう場合も多く、犯罪であると提言した。 「モラルハラスメントがどれほど被害者の心身の健康に破壊的な影響を与えるのか、その恐ろしさを嫌と言うほど見てきた。モラルハラスメントは、精神的な殺人である」とも述べている。

モラハラの定義

マリー博士による定義をまとめて箇条書きにすると以下のようになる。 ・加害者にとり被害者は人間ではなく「モノ」 ・加害者は道徳家の様に振舞う ・加害者は被害者を支配するために自身の「魅力」を用いる ・加害者は被害者の考えや行動を支配・制御しようとする ・被害者は暴力行為自体を受けても原因は自分にあると思考してしまう ・加害者は自身のほうが被害者だと考えながら攻撃を行う まとめると加害者は自分のしていることを周りにも、相手にも気づかれないようにして、巧みに被害者を傷つけていく。その結果、被害者は肉体的にも精神的にもかなり苦しんでいるのにその苦しみの原因がわからず、 時には随分時間がたってからようやく自分がモラルハラスメントを受けていた事に気づく。 また、何年も経過した後でも被害者は、行動する度に加害者から言われた中傷誹謗や軽蔑の言葉が頭に蘇り、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に長期的に悩み苦しむこともよくある。

モラハラであることを気づく

モラハラ進行度 モラハラの夫への対策をするにはまずはモラハラであると気づくことが大切です。 自分が夫の常識を押し付けられることでストレスを感じたり、自分が悪者にされていると感じた場合はその可能性はあると考えてよいと思います。 例えば掃除のやり方、「普通の専業主婦であれば毎日掃除するのが常識」といった常識を押し付け、「できない、やれないのはお前の能力が低いから」とか「頭を使え」などと上から目線で馬鹿にするなど。

重症度を知る

さらにここではモラハラである場合その重症度を紹介しますので、どの程度モラハラが進行しているのか参考にしてみてください。 気づいたうえで冷静にその重症度を測ってみましょう。

まずは夫の態度から加害者レベル

レベル1:頻繁に嫌な思いをするわけではないが思い当たる
レベル2:普段から明らかに馬鹿にしている
レベル3:第三者がいないと豹変して怒ることがある
レベル4:周囲の評判はいい夫だが家では恐怖さえ感じる
レベル5:暴力を振るうこともある

そして被害者のレベル

レベル1:ストレスを感じることもあるが優しさや愛情も感じる
レベル2:馬鹿にされても夫の言うことは正しいので従っている
レベル3:恐怖を感じるほど豹変して怒ることがある
レベル4:夫への恐怖を感じて意見を言えない
レベル5:暴力を振るわれても自分にも責任があると思う
こちらでモラハラ度チェックができます。
参考にしてください。