食べ方でわかる相性

旦那さんとはどんなエッチをしますか?実は食事の仕方で夫婦生活での相性がわかったりします。またどんな行動をするかも傾向があります。 そんな傾向をまとめてみましたので参考にしてください。

ガツガツ食べる

食欲が旺盛で口いっぱいに食べ物を頬張ったり、前傾姿勢で犬のように食べる男性は、欲望に対して体が正直に反応するタイプです。

情熱的で激しい

そうした男性は体系もがっしりしている人が多く、その体系からのイメージ通り情熱的で激しい行為を好む傾向があります。体の大きな人は特に、体力勝負を得意とし、そうした行為を求めてくるでしょう。 とはいえ若かったり経験の少ない男性の中には、自分の欲望を満たすことだけに終始してしまい、呆気ないものになり女性の気持ち満たせない人も多いかもしれません。 しかし年齢を重ね経験も多くなって来れば、ムードを大切にすし女性の気持ちに応えてくれる余裕を持った男性もいます。

女性らしい女性が最適

こうした激しさや力強さ、本能的な男臭さを魅力として持つこのタイプの男性には、同じタイプの女性と相性がよさそうですが刹那的な愛に走りがちでうまくいかないかも。 それよりも柔らかさやしなやかさ、女性らしさが魅力の女性が最適です。それはこうした男性は適度にじらされると尚更燃える傾向があるためであり、時には女性が“出し惜しみ”をするくらいの茶目っ気がある方が愛が深くなります。 空腹な時に恐ろしい勢いでがっつく男性というのは、食べ過ぎて苦しくなったり気持ち悪くなったりするもの。それと同じように、求められるがままに女性が応じていると、 マンネリ化して飽きたり、おざなりになってしまいがちです。このタイプの男性には、女性が主導権を握ったほうが、じつは長続きするようです。

だらだらと食べる

だらだら食べるとは、話をしながらなかなか食事が進まなかったり、頬杖を突いたり斜めを向いたり、迷い箸をしたりして食べる男性です。

テクニック重視

このタイプの男性は食べることに対して執着していないように見えて、じつは非常に執着しています。料理の素材に何が入っているのか、バラバラにして食べたりする男性も同じ部類だと言えるでしょう。 自分の欲望を表に出さないように抑えつつ、冷静に理性を働かせている。こうした男性は、テクニックや演出を重視する傾向にあります。 自分が相手にしてもらうことより、自分がしてあげることで相手の反応を見て喜ぶ傾向があるため、積極的な女性や能動的な女性は敬遠することもあるかもしれません。 素の反応を相手に見られることを恥ずかしいと思う、照れ屋なところもあり、行為の際も感情を抑えるタイプのはずです。

奥手の女性と良い相性

エッチに関しては気難しく、デリケートな面もあるこのタイプの男性は、行為に対して積極的な女性とはあまり相性が良くありません。 男性は全般的に「反応が良い女性」を好むようですが、このタイプの男性はとくにそうで、消極的、受動的だけれども反応が良い、という女性と相性が良いようです。 このタイプの男性は、女性のほうが壁を感じるくらい打ち解けずらく、関係が浅いうちは自分が快感に浸っている表情などは決して見せず、素の感情を抑えて行為に及ぶ傾向があります。 しかし、女性側が心を許し、すべてをさらけ出す態度をとっていると、徐々にその壁が取り払われていくことでしょう。 言葉で要求するのではなく態度で導くことが、心の通った行為への近道です。

礼儀正しく食べる

姿勢を正し、行儀良く食べ、悪く言えば作業のように淡々と、料理を口に運ぶタイプの男性は、欲望の少ない淡白な男性が多いでしょう。

テクニック重視

悪く言えばと表現してしまったことにもつながりますが、アブノーマルな欲望を隠しているケースもあり、それを理性で抑え込んでいることもあります。育ちが良いお坊ちゃまで厳しくしつけられた人に多いかもしれません。 恋人との間において肉体関係をあまり重視しておらず、交際期間が長くなるにつれ作業のようになりセックスレスになる危険性も高いと言えるでしょう。 こうした男性は、一般的な過程に準じた抑揚のないケースが多いでしょう。お互いの要望を取り入れたり、刺激を求めて工夫をしたりといった努力をしないため、テクニックも上達せず「セックス下手」の可能性が高いです。 またこうした男性はアブノーマルな趣味を持っていることもあり、付き合っている彼女とは別のところで欲望を満たしている可能性もあります。

知性の高かったり、趣味の合う女性がベター

このタイプの男性は淡白な場合とアブノーマルな場合の2つのタイプに分けられます。 淡白な男性の場合。同じように性欲の少ない、理性や知性の高い女性と相性が良いはずです。 ちょっと寂しい気持ちになるかもしれませんが、たとえ体を重ねなくても、お互いを尊敬し合い、理解し合って結びつきの強いカップルはたくさんいますので特に心配する必要はありません。 とはいえ相手が重荷に感じない程度に、女性のほうからムード作りをしたり、仕掛けたりすれば改善の道はあるかもしれません。 アブノーマルな趣味がある男性の場合は、その趣味が許容範囲であるかどうかにもよりますが、行為そのものがアブノーマルと言うケースと、アブノーマルな趣味を持っているというケースもあります。 ここではエッチの話にとどめますが、そうした場合趣味さえ合えば逆に非常い相性のいいカップルとなることも考えられます。 とはいえ合わないとこの先も付き合っていけるかどうか考える必要も出てくるでしょう。