旦那の帰宅時間

旦那の帰宅時間

旦那が呑んで遅くなると決まって「呑みに行くのも仕事のうち」なんて言う人もいるのではないでしょうか。今や主婦の仕事が家庭的にも社会的にも重要性が認識され、仕事をしている旦那が偉いという時代でもなくなってきました。また呑みに行くことも強制される職場も少なくなっています。それではあなたは夫が呑んだり遊びにいったときには、何時までに帰ってくるべきと思いますか?または一般的に既婚男性は何時までに帰宅すべきだと思いますか?あなたの考えを教えてください。

Q,あなたの性別を教えてください。

Q,あなたの年齢を教えてください。


Q,帰宅時間

は許せない


本アンケート状況とコメント

アンケート結果
ランキング
1位 24時以降15%
2位 何時でもいい15%
3位 翌2時以降5%
4位 翌5時以降5%
5位 翌1時以降5%

朝帰り対策

夫が朝帰りをする原因は「①呑みに行ってしまう」⇒「②帰れない状態になる」」⇒「③朝帰り」というプロセスを踏みます。

①呑みに行ってしまう

飲み会呑みに行ってしまうのは
  • (1)付き合いが断れない
  • (2)ストレス発散
  • (3)家に居場所がない
  • (4)接待
等の理由があります。仕事で行かなきゃいけないなどもあるかもしれませんが、基本的に呑みに行くこと自体に反対という人はないでしょう。ただ②の理由次第では、そもそもこの呑みに行くこと自体を排除する必要があります。(4)の接待以外であれば、(1)の理由を旦那さんと一緒に考えてあげたり、(2)のストレス解消を別の方法がないか話し合ったり、(3)家の居場所は作ってあげる努力をしてみたりと検討の余地はありでしょう。

②帰れない状態になる

酔っ払い 呑みに行ってもちゃんと帰ってくればいいのですが、ここで帰ってこないために朝帰りにつながってしまいます。
  • (1)歯止めが効かない
  • (2)途中で帰ると言えない
  • (3)酩酊する
(1)歯止めが効かなくなってしまう人は、歯止めが効かない要因を探しましょう。酔って楽しくなると帰りたくなくなるのか、「部下がいるのに」または「上司より先に」「後輩より先に」帰れないなどのプライドなどその原因について話し合ってみるとよいでしょう。(2)の帰ると言い出せない人は、あらかじめ呑みに行く前に同行者へ帰る時間を宣言するのが良いでしょう、そうすると帰ると言いやすくなるだけでなく、「〇〇さんそろそろ帰る時間じゃない?」と周囲から促してくれたりし帰りやすくなります。(3)の酩酊は酒の許容量を見極めるしかありません。これは健康上も良くないのできちんと許容量は把握しておきましょう。

どうでしょうか?朝帰りも仕方なく言っている人が実は多いというデータもあります。皆さんも一度検討してみてはいかがでしょうか。