ここから浮気

ここから浮気

「ひょっとして浮気!?」あなたはパートナーにそんな疑惑を抱いたことはありませんか?問いただしても色々と言い訳をされたり。でもそこまでやっていたらたとえ不貞行為が無くても「それは浮気でしょ!」と言いたくなりますよね。そんな一線を教えてください。あなたのパートナーが異性とする行動どこまで許せますか?

Q,あなたの性別を教えてください。

Q,あなたの年齢を教えてください。


Q,行動

までは許せる

相手の女性のことを考えてたり、心配したりすること。

本アンケート状況とコメント

アンケート結果
ランキング


まだ投票されていません



浮気の認識を合わせる重要性

浮気とは異性に対して好意をもったり、誘ったり、人によっては想ったりするだけでも該当してしまいます。皆さんはパートナーと話し合ったことはありますか、いざ「浮気したでしょ!」となったときに、「いやいやそれは浮気じゃないでしょ」と初めて認識の違いが明らかになり、それがもとで最悪の結果になるのはとても悲しいことです。機会があったら是非一度話し合っていてください。

浮気ラインは相手によっても変わる

浮気の疑惑を持たれた対象によっても、浮気の一線は変わってきます。例えば仕事の同僚とランチに行くのは普通の行為ですが、妻の友人と二人で行ったら「浮気」とみなされるかもしれませんし、元彼女と連絡を取っていたらメール一通、ライン一回でも彼女は嫌な気持ちになります。相手を考えて行動することも大切です。

これらは単純な嫉妬心以外にも、ライバル心や自尊心なども関係してくるためです。パートナー以外の異性とのコミュニケーションはくれぐれも気を付けて行いましょう。

法律上の浮気行為

法律上の浮気行為

既婚者が対象になりますが浮気は法律上肉体関係があった場合ですが、ホテルや自宅から出てくるところや、明らかに行為が成立していると思われる状況が分かる写真などの証拠があれば浮気と認定されてしまいます。ただ気持ちは法律とはべつですので、法的に浮気ではなくても恋jんのボーダーラインを越えてしまったらもう元には戻れないでしょうが。

どこまでが浮気か

どこまでが浮気かは男性にとっては非常に気になるところです。男性は本能的にうんぬん、というわけではなく、結婚後も仕事の関係上女性と接する機会が多いためです。とはいえ最近は働く女性も増え、嫉妬する男性も増えてきたので同じかもしれませんが。